So-net無料ブログ作成

貧乏四畳半炬燵生活化計画 [食生活]

 

秋だ、秋だ、と思っていたらいつのまにか師走という冬に突入していた

すきま風が厳しい貧乏四畳半もついにその寒さも限界を越えようとしていた

綿の飛び出た半纏を羽織っていても追いつかないほど室温は、下降して

いよいよ炬燵を出さないと生きていられないほどになってきた。

コタツを出すには、片付けないといけない・・・・

足の踏み場もない貧乏四畳半を見てもため息しか出たこない

これからさらに寒さは厳しくなるだろう・・・凍死しないまでも、炬燵くらいは

そろそろ準備しておかなくてはならない。よいしょっと!

冬への準備のために腰の周りにぜい肉をはべらしてきたが、ついに

動き回る日がやってきたのだった。ぜい肉のついた重い腰をあげると

そこにはカップ麺の残骸が散らばっていた。それを座ったまま拾い上げ

ビニール袋の中へ放り込む。( `・ω・) ウーム…身の回りの整理はついた。

座ったまま手の届く範囲は、片付いた。しかし、これからこたつの1m四方の

スペースを開けないといけない。片膝を付きつつ前方へと進んだ。

半分破れた薄汚れたシャツとタオルを拾い上げて、ダンボールの中に

放り込む。これで夏服は、片付いたのだった。

さああっ!ついに炬燵を出す瞬間がやってまいりましたあっ!

炬燵の必須アイテムといえば、卓上コンロじゃあああ!

それとリモコン類と漫画本、これらを常備しなければ炬燵生活は

満喫できないのだった。( ^ω^)おっと!忘れちゃならないパソコン

10年前にお古のノートパソコンを買ったので、これを炬燵の上に

はべらせておけば、世界とのつながりができるのである

いよいよ炬燵生活の開始なのじゃああああ!

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

 

 

 

ちょうど手の届く範囲にインスタントラーメンがある、コタツの上に卓上コンロもある

これで湯を沸かせば、インスタントラーメンも食べられる

今回チョイスしたのは、このインスタントラーメンなのだ

1-IMG_9791.JPG

鍋に水を入れてインスタントラーメンを作成、あらかじめ作りおきの

ゆでたまごをトッピングすれば、貧乏四畳半特製のインスタントラーメンの

完成なのじゃあああ!

2-IMG_9792.JPG

 

んまいっ!

 

炬燵で食べるインスタントラーメンは、また格別の味わいがあるのじゃああ!

丼を持ち上げる体力も必要ないのじゃあああ!丼の淵に唇を持っていくことなど

簡単にできてしまうのだあああああ!うおおおおっ!旨いっ!

汁の一滴も残さずに平らげてしまったのだあああ!げふっ!

こうやって満腹で炬燵に入っているとまったりとして、優雅なのじゃ!

優雅すぎて眠くなってしまうのだった。

(-_-)゜zzz…

 

 

 

 

うっ!(´;ω;`)

こたつの天板にお腹の出っ張りがつっかえて動くことすらできない

完全にトド状態の貧乏四畳半であった。事前にテレビのリモコンなどを

炬燵の上に準備しておいてよかったヽ(;▽;)ノ

動かなくてもチャンネルが変えられる。

ちょうど手の届く範囲にカップ麺がある、コタツの上に卓上コンロもある

これで湯を沸かせば、カップ麺も食べられる

1-IMG_9686.JPG

 

いたせりつくせりの炬燵生活なのじゃあああ!

まさに極楽というのは、ここにあったのかもしれない。

 

 


nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Twitter Button from twitbuttons.com
Twitter Buttons レシピ検索サイト
by レシピFan!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。