So-net無料ブログ作成
料理と呼べない料理 ブログトップ
前の10件 | -

麻婆豆腐がやってきた [料理と呼べない料理]

そういえば、忘れかけていた寒い日のマーボ豆腐!辛い辛い!

四川風の麻婆豆腐なんて、寒さしのぎにもってこいっ!だね(^-^)

あいかわらず財布の中身も寒風吹きすさぶ吹雪になっています。

中に入っているのは、レシートばかり!レシートで膨らんでいるものの

冬の寒空に新聞紙をくるまっている状態じゃちっとも暖かくならない

お札のようなあったかい毛布にくるまるような日がいつかはくるのだろうか?

せめて体の中から暖まろうと辛い辛い料理に挑戦じゃああ!

1-IMG_0655.JPG

とりだしたるは、レトルトのマーボー豆腐の素!3人前2袋と記入がある、

食べるのは、おひとりさまなので分量が多いか?ちょうっ!辛くなるか?

2-IMG_0656.JPG

袋の表記通りだと、ママならぬ!そこで薄める作戦に出た

最後のブロッコリーの茎も豆腐と一緒に煮てしまうのだ。

4-IMG_0658.JPG

そして水は、多めにするのじゃ!多めの水をフライパンに入れて煮る

いや、沸騰させる!

5-IMG_0659.JPG

最初に豆腐を入れる。つぎにブロッコリーの茎を入れて柔らかくなるまで

煮る。想定は1分ほどのか?そしてレトルトの登場である。

6-IMG_0660.JPG
7-IMG_0661.JPG

レトルトのマーボー豆腐の素を放り込んでみた。

( `・ω・) ウーム…色が薄い!薄めすぎたのかもしれない!

や、水が多かったか?まるでスープじゃないかああ!

スープな麻婆豆腐なんて!聞いたことないぞっ!すわっ!失敗か?

9-IMG_0663.JPG

わわわわわっ!どう見てもスープな麻婆豆腐です!

かわっ!失敗じゃああ!トロミ成分も全部入れたのにっ!ちっとも

トロトロの麻婆豆腐になっていない!・゜・(ノД`)・゜・

スープな麻婆豆腐!

でも当初の目論見通り体の中からポカポカ大作戦は、スープになった

麻婆豆腐からでも成功したのだった。

分量が増えた分食べすぎの機雷は、あるかもしれない・・・・・・・・!

機雷・・・・・踏むとでぶ爆弾が炸裂するのじゃ!( ´)Д(`)!

ちゅどーーーーーーーーーーーんっ!!!!!!!!!!


常夜鍋 [料理と呼べない料理]

貧乏四畳半での常夜鍋は、断然「湯豆腐鍋」やな(´∀`)

なんてったて近くに豆腐一丁通常価格38円で販売している店があるのだ

今季最大の寒波が日本列島を襲うとされていて、気温がぐんぐんと下降中の

夜に暖房を止めている貧乏四畳半では、室内で氷が張りそうな寒さをなんとか

乗り越えなければなりません。水道水も手を刺しそうな冷たさです。

ポッケに数百円の財産があります。こうなると常夜鍋の湯豆腐で温まるしか

ないと思われます。しかし、豆腐だけでは寂しさのあまり鍋が可愛そうです

そこで野菜を入れることにしましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

寒波の影響で通行止めが続き野菜が高騰したままの状態から、さらに

高値圏へと貧乏四畳半にとっては天文学数字的な高値へといってしまい

買うことができません(´;ω;`)かろうじて「もやし」を購入することが

できます。他店より1円高いのですが、ここはセに腹を変えることができません

買い求めて「湯豆腐」で~~すっ!

1-IMG_0619.JPG

んまいっ!

室内で(コタツの上で)煮炊きしていると、部屋の温度が急上昇します

さっそくハフハフしていただきましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

寒波がいるおかげで、今夜も明日も湯豆腐にするしか、なさそうです

カセットコンロのガスボンベの在庫がなくなりかけです

ガスボンベの安売りをしなくなりました。これも高値安定のままです

かろうじて貧乏四畳半から5キロ近く離れているホームセンターで

3本300円を切る価格で販売しています。が、この雪で買いに行けない

(´;ω;`)

はたしてどうなってしまうのか?


ブロッコリーの茎 [料理と呼べない料理]

白菜は、寝たっきりになって48時間経過したあとに全てを食べてしま

いました。最後まで美味しくいただきましたあ!Ω\ζ°)チーン

貧乏四畳半、次なる野菜はブロッコリーです。なんと大安売りの

98円を買ってきましたあ!さて、どう料理してやろうか?

1-IMG_0624.JPG

ここ最近、なるべく買い物に行かずに野菜類も食べきったあとに

次の野菜を買うようにしています。すぐ近くの店から遠い店まで

選択肢は4件ありますので、どこかで安く販売していないか?

常に目を光らせている必要がありますが・・・・・(^_^;)

2-IMG_0625.JPG

ブロッコリーはモフモフの頭と茎に分類しました

モフモフの部分は、後ほど食べることにして(てか、今思いつかないんだよね)

ビニール袋に入れて冷蔵庫へ放り込んでおきます。

3-IMG_0626.JPG

ブロッコリーの茎は、炒めてチャーハンにします。にんにくとともに

いただくことにしました。にんにくは薄くスライスしてオリーブオイルで

炒めます。ブロッコリーの茎も薄くスライスして一緒に炒めます

なるべく下の方の硬そうな部分を茎全体の1/3ほど切りました。

4-IMG_0627.JPG

うおおおおおっ!ニンニクの香りがブロッコリーの茎に移動したようだ

ごはんをフライパンに投入じゃああああああ!うおおおおおっ!

ここで一気に味付けと仕上げに移行します!まずは卵を投入っ!

うおおおおっフライパンの中で全てをマゼマゼなのじゃあああ!

塩コショウを放り込むっ!ソースを放り込む!うおおおおおおっ!

さらに塩コショウを放り込んで完成じゃあああ!

紅しょうがをたっぷりで、昔ながらの焼き飯じゃあああ!

5-IMG_0628.JPG

んまいっ!

少し味付けが濃くなってしまいました。ブロッコリーの茎の感じは、

存在がないみたいになっています。それだけ焼き飯に溶け込んでいる

ということなのかもしれない。

焼き飯に紅生姜の組み合わせは、最高じゃああ!にんにくも消費できて

一石二鳥なのじゃああああ!!

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


お粥ですね [料理と呼べない料理]

 

朝、起床するも体がだるい。何もやる気が起こらない。

お金がないということは、貧乏人をどこまで不安にさせるのか?

キッチンドリンカーの貧乏人の末路は、すでにもう決定済だ。

とりあえずめし喰わないと・・・・シンプルな梅粥で、朝食としよう

ガス代節約のため、あらかじめ水に漬けておいた冷や飯を温める

梅粥といえども基本は、塩粥じゃ!梅干はあとのせでいただくことに

した。そのほうが梅干1個で済むからじゃ。

まずは梅干を眺めて粥を喰う!、つぎにひとかじりして粥を喰う!

次は、かじった跡の梅干を見てひとかじりした感触を思い出せば、

じわりと湧いてくるものがある。そこで飯をかきこむのじゃああ!

これぞ梅干1個の貧乏四畳半流秘法じゃああああ!

1-IMG_0598.JPG

ふやけた冷や飯を火にかける。塩を忘れないようにふりかける。

ここで日本酒をちょいたしが、貧乏四畳半流じゃ!

キッチンドリンカーなので、安売りの日本酒は欠かさず台所に置いてある

食品の安売りより酒の安売りを買い求める徹底ぶりだ( ̄▽ ̄)

とにかく寒い日は、体の中から暖まるすぐれものなのじゃ!

意識を失うほど飲めば、寒さなんてすっかり忘れてしまうのだ。

これで安らかに眠ることができるのじゃああああああ!

沸々と沸いてきたら火を止めて蓋をするのじゃあああ!

これもガス代節約の貧乏四畳半流蒸らしの技じゃああ!

ご飯類は、蒸らすことによってふっくら仕上がるのじゃあああ!

ささっ!蓋を開けて梅干を1個放り込めば、完成じゃああああ!

2-IMG_0599.JPG

 

んまいっ!

 

まずは、粥だけをすすって食べてみたが絶妙の塩加減であった。

ほんのりと香る酒の香りが食欲を刺激する。梅を眺める。想像する。

口に入れた時のあのしょっぱさを思い出すのだ!☆▼#%&■!!

そして飯を掻き込む!掻き込む!半分位になった時に梅干を齧る。

!☆▼#%&■!!またもや飯を掻き込む!掻き込む!

こうして朝食は、終了したのであった。やる気が少しだけ復活した。

貧乏のレベルがひとつ下がった。

 

 

 


貧乏白菜生活5食目雑煮 [料理と呼べない料理]

まだまだ昨年の正月用の餅が残っている

とっくに鏡開きは、通り過ぎてしまっていた。

そろそろ片付けてしまわないとカビが生えてくるかもしれない

いや、もう腐っているのかもしれないので台所の奥の棚から、恐る恐る

引っ張り出してみる。外見は異常がないようだ。

いやもうとっくにカビているかもしれないが、わからないように食するために

きな粉をまぶした手っ取り早く「きなこもち」にして食す

残り餅.jpg

きなこに砂糖を混ぜ混ぜして、1度焼いた餅を砂糖水にくぐらせて

きなこをたっぷりとまぶすのじゃああああ!

いただきマース

きなこもち.jpg

んまいっ! 

そういえば、キャベツと間違えられた白菜がまだまだ残っていたから

残りの餅と合わせて雑煮にしよう!これで白菜も5食目に突入じゃあ!

雑煮にするということで、キャベツじゃなくて白菜でよかったなあ(´∀`)

白菜を鍋に放り込んで餅を入れてグツグツ煮込むだけ~

1-IMG_0516.JPG

 

いやあ簡単だな~♪煮込むだけなんて楽チン楽チン♪

雑に煮込んで出来上がるから、雑煮というのかもしれないな(´∀`)

さいごにかつぶしをぶっかけて、完成じゃあああああああ!

2-IMG_0517.JPG

 

 

 


タグ:カビ もち 正月

サラダほうれん草との出会い [料理と呼べない料理]

 

先日からお世話になっているスーパーの寿司コーナーにある無料の

醤油とわさびをつかって和物にしました。

和のものと書いて、あえものとなるんですね。変換して初めてわかった。

和物となると代表的なものは、ほうれん草の和物なんだけど、野菜類の

高値安定なので貧乏四畳半としては、手が出ない。

1-IMG_0410.JPG

 

しかし、サラダほうれん草と出会ってしまったのです。サラダほうれん草と

呼ぶからには、生食のほうれん草なのだと思いますが今までの経験から

ほうれん草を生で食べたことがなく躊躇していましたがただの醤油などが

あるので、勇気を出して買ってみました( ̄ー ̄)

3-IMG_0412.JPG

 

それでも湯をぶっかけて硬そうな茎の部分だけでも柔らかくして和えました

わさび醤油をぶっかけて和えたものは、見た目はほうれん草の和え物と

違いが分かりません。やっぱりサラダほうれん草もほうれん草の仲間で

あるに間違いはなさそうです(*´∀`*)

4-IMG_0413.JPG

 

 

んまいっ!

 

湯かけほうれん草の半分、生だけどもほうれん草のおひたしに匹敵するほどの

美味しさです。日本酒の冷にあいそうです。なにやら水耕栽培で育てたらしく

生で食べられるそうです。それに根がついていました。

2-IMG_0411.JPG

 

これわっ!(°д°)栽培してみろっ!という神のお告げに違いありません!

さっそく貧乏四畳半特製猫のひたい農場で水耕栽培をしてみようと、

思います。適当な水耕栽培のガラス瓶がなかったので、冷酒用の

おチョコで栽培してみたいと思います

1-IMG_0415.JPG
 
 
三日後
 
おおおおおっ!何やら気分的に葉が伸びているような気がする(*´∀`*)
 
これは再生できるかもしれない!ぜひブログでどうなったか報告するので
 
それまでしばらくお待ちくださいませ(笑)
 
1-IMG_0444.JPG
 
 
貧乏四畳半猫のひたい農場水耕栽培編にて
 
ーーーーーーーーーーーーー続く・・・・・・・・・・・
 

師走の風は冷たい [料理と呼べない料理]

 

とうとうというかやっとというか今年のうちの支払いは、全て終了したと

思う(たぶん)おかげさまで財布の中を寒風吹きすさぶカラッ風が

吹き荒れておりまして、貧乏四畳半に吹いてくるすきま風もことさら冷たく

感じてしまいます。

財布の中に何もないと新年というか来年というか来る年に悲観的な感情を

抱いてしまいます。体も冷え切ってしまいます。そんな中、冷たい朝を

なんとかすべく昨日のおでんの残り汁で雑炊で暖まろうと思います

雑炊には、溶き卵が絶対的に必要ですね。これがあるのとないのとでは、

貧乏四畳半と一般家庭くらいの差があります(*´∀`*)

冷蔵庫の中には、消費生活の優等生のたまごは、なんとか常備しているので

溶き卵の件はクリアしましたあ!ヤッタゼーっ!

さっそく調理開始ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

2-IMG_0238.JPG

冷蔵庫から出したばかりの生卵は、室温で常温に戻しておきます

冷蔵庫の中の気温と同じような貧乏四畳半でも一応、室温に出しておきます

たぶん、この方法で大丈夫やと思います。つぎにご飯です。

1-IMG_0237.JPG

ごはんが少ないので汁にしばらくつけてふやかしておきます。

これは貧乏四畳半にとって重要なアイテムです。量をかさ増しする計画です

ご飯粒が膨らむまで放置です。果報は寝て待てと言うじゃあありませんか!

空腹と寒さをこらえながら寝て待つとしましょう(*´∀`*)

(-_-)゜zzz…

さて腹も減ってきたので調理再開といきます

まずは、溶き卵を作っておきます。入れるタイミングの時に入れたいの

ですが、いつもは火を止めてから溶き卵を作るので半熟のジュクジュクに

なってしまいます。まあ、ここはお好みでということでしょうか?

つぎに溶き卵を入れるタイミングだけど完成の直前!

ネギを放り込んで溶き卵を投入!火を止めて蓋をして完成じゃあああ!

蓋を開けると湯気がほわほわと貧乏四畳半の冷たい空気の中へ漂い舞う

これはうまそうだ。れんげを入れて食べる。

3-IMG_0239.JPG

んまいっ!

 

柔らかくなったご飯粒がおでんの汁にしっかりと浸かっていて、外側の

ふわふわ卵も優しく包み込んでいる。食べ進めていくとじっとりと暖かい

胸の奥からジワリと暖かくなるのは、この季節にありがたい・・・

ε-(´∀`*)ホッと一息をついた師走であった。

 

 

 


寒波襲来! [料理と呼べない料理]

 

…(;´Д`)ウウッ…寒いっ

ついに日本列島が寒波に襲来されてしまっていた

貧乏四畳半もその中にどっぷりとハマってしまっていた。

すきま風が吹きすさぶ貧乏四畳半、だからこその危機である。

財布の中身がなくなり寒風が隙間なく吹きすさんでいる貧乏四畳半

…(;´Д`)ウウッ…寒いっ

玄関になにやら人の気配がする。そして扉を叩く音が響く。

ドンドン!ドンドン!最初は、優しげに叩くのだが、返事がないと

少しずつ強くなるのがわかる。いないよ~っ!貧乏四畳半には、誰も

いないよ~っ!と叫びたくなるのをじっと我慢するのだ。

年末のこの時期にだけ登場する請求者たちなのだ。たぶん、そうなのだ。

なんの請求だろうか?いろいろありすぎてどれにも当てはまるから、

始末が悪い。これを払っちまったら年を越せないのだ。しばらく、しばらく

待ってくれ~っ!心の叫びも虚しく、玄関を叩く音が大きくなって荒っぽくなる

息を潜めてこたつに潜り込む。(・д・)チッという濁音とともにその気配は、

去っていった。とりあえずは、一安心である。安心すると腹が減るのである。

まったくもって貧乏人の生活は、波乱に満ちているのである( ̄∀ ̄)

すきま風が入るほどの貧乏四畳半だから、玄関の人の気配は、すぐさま

わかるのである。まるで玄関に監視カメラをつけているよりも的確に

わかってしまうのだ。さすがに貧乏四畳半である。無駄に隙間がある

わけではないのだ。この隙間で…(;´Д`)ウウッ…寒いっわけでもある。

さらに財布の中身もペラペラで寒風吹きすさぶと飛んでいくのであるから

なお一層寒い…(;´Д`)ウウッ…寒いっのである

だからこそ炬燵にはまっているのだ。はまっていて動けないのだ。

居留守を使って請求をないがしろにしようとしているのじゃないのだ。

こたつにはまって動けないでいるのだ。だから寒波は、嫌いじゃああ!

こうなりゃ汗を出して痩せなければならない。そして炬燵から抜け出して

借金を返済して明るく来年を迎えるのじゃああ!ダイエットじゃああ!

でも炬燵にハマったままでは、ランニングもできやしない。とにかく

動くことができないのじゃああ!ど、どうすればいいのじゃああ?

汗を出すためには、熱くなればいいのだが炬燵の中だけではどうしようもない

外からの熱には限界があるので、内側から熱くなればいいのだ!

カプサイシンという物質がある。これを摂るのじゃあああ!

カプサイシンをたっぷり摂るには、火焔鍋が1番( ・∀・)イイ!!

買えんとは、言ってられないのだ!

体重が増え続けて貧乏四畳半の床が抜けるかもしれないのだ!

1-IMG_0169.JPG

んまいっ!

 

 

 

 

 

 

続きを読む


豆だらけ鍋 [料理と呼べない料理]

 

ふう~っ・・・・・寒い{{ (>_<) }}

こんな寒い夜には、やはり鍋がよく似合うでしょう!

これっ!絶対っ!

コタツの上で火焔鍋っ!もう、あちらこちらから火の手があがることっ!

貧乏四畳半でも炬燵の上で鍋をしたいと思う

しかし、この貧乏故に火焔鍋など、とてもじゃないが買えんっ!

そこでじゃっ!今のスーパーで安いものを買い求めてきたのじゃ

まずは豆乳。これは安売りをしておった。豆乳鍋にすれば、温まるじゃろう

次に豆腐、いつも安くてついつい買ってしまう(*´∀`*)

豆苗、緑色野菜の中で一番安い野菜であるので買ってきた。

1-IMG_0175.JPG

 

貧乏四畳半の炬燵の上で今日の買い物を見てみると、なんと

豆ばかりじゃないか?\(◎o◎)/!今宵は豆だらけ鍋じゃああ!

白い豆乳の鍋の中に柔らかく浮かぶ豆腐が暖まってピンク色・・・

てなわけはないけれど、白い世界に緑色の豆苗が映える

2-IMG_0176.JPG

 

んまいっ!

 

白濁した温泉に浸かって、白い豆腐のような肌になりたいっ!

つるんとしたのどごしがまたたまらんっ!火傷しそうなほど温い豆腐が

喉元を通り過ぎていく・・・・・・その優しい味が!旨い!

 

 


貧乏四畳半のみる夢 [料理と呼べない料理]

 

小銭をはたいたお金で日々の暮らしをクリアしていく。

途中途中で起こる高額出費、例えば病気治療費とか家電の修理とかを

なんとかやりくりつけ、その危機を脱しきる。

それが今の貧乏四畳半なのですが貧乏四畳半としての
夢とか目標が

無いことに今更ながら気づきました。

貧しくとも平穏な生活を重ねていくのも幸せの一つの形なわけですが

どうもそれだけでは心を掻き立てるような喜びが感じられません。

日々をクリアといっても、この先の日々が絶対続く保証などある筈もなく

ビンボー的な幸せのぬるま湯にいつまでもノホホンとつかっているばかり

ではイカンのではないか!? と今更ながら思ったのです。

夢や目標はちっぽけでもいい

そこに向かって突き進む時、きっと充実感を味わえるだろうし

ゴールにたどり着いた時の達成感は素晴らしいに違いない。

たとえ途中でコケた(死んだ)としても悔いは無いだろうし。

さて、貧乏四畳半として、見るのはどんな夢? 設定するのはどんな目標?

とりあえずは年末を無事にのり越えることでしょう

すっかり忘れていた請求書の束っ!

ついに期限が年末になったしまっている

来年の年初に壮大な計画を立てることにして、今年は最後まで

生き抜くことを目標にしましたあ!借金に負けないぞっ!

そして最終的には、こたつでカニ鍋にするのだっ!〆にカニ雑炊なのだ

おおっ炬燵でカニ鍋という響きは、なんと優雅でリッチな感じなのでしょう

それにカニ雑炊とわっ!なんというゴージャスなのでしょうかあ!

決まりましたあ!今年はカニ雑炊を喰うぞっ!いつもいつも湯豆腐では、

湯豆腐雑炊しかできないのではないか?なんとしてもカニ鍋なのじゃあ!

 

1-IMG_0044.JPG

しかし、請求書が・・・・・・・・・・・残ったお金を持ってスーパーに行きました

カニっ!

 

高いがにっ!なんということでしょうヽ(´Д`;)ノ残ったお金では、とても

買うことなどできません!ど、どうしたらいいのでしょうか?

ここで貧乏神からヒントをもらいました( ̄∀ ̄)

 

1-IMG_0122.JPG

発見っ!カニ雑炊の素!!これで一気に目標達成じゃあああああ!

目指せ!カニ鍋のあとのカニ雑炊っ!

 

 

 

続きを読む


前の10件 | - 料理と呼べない料理 ブログトップ
Twitter Button from twitbuttons.com
Twitter Buttons レシピ検索サイト
by レシピFan!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。